リサーチャーとしてのアバター:WeChatを使用した中国における消費行動データの研究

モバイルダイアリーのツールとしてチャットアプリを使用することにより、ユーザーのインタラクションに関するより良いデータをより多く収集できる可能性がある。中国の消費者の消費行動に興味を持つリサーチャーたちは、消費者の好みや行動についてさらに詳しく調べるために、広く使われているWeChatというチャットアプリを利用した。特別にデザインされたアバターを用いることにより、従来の進行役主導型研究と比べ、彼らはユーザーとより自然に、頻繁に関わり合うことに成功した。

原文は英語だけになります

Sie, J. (2017). リサーチャーとしてのアバター:WeChatを使用した中国における消費行動データの研究. User Experience Magazine, 17(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/little-red-sprite-learns-finance/?lang=ja

Comments are closed.