知覚の測定:知覚品質という課題に取り組む

ユーザーの知覚を定量化したいUX専門家なら、知覚品質テストの実施を検討すべきであろう。ユーザーは、長期間にわたる経験と深い主観性を通じて製品に対する知覚を構築するが、それを言葉で表現するのは困難な場合が多い。本稿では、メキシコ市場で実施したWhirlpool社の洗濯機に対する消費者の行動と態度に関する研究における、知覚品質テストの利用の検証から、同テストはどのように活用することができるかを説明する。

原文は英語だけになります

García, A. (2014). 知覚の測定:知覚品質という課題に取り組む. User Experience Magazine, 14(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/measuring-perceptions/?lang=ja

Comments are closed.