単なるトランスクリプションを超えたもの: 巧みな作業としての字幕

字幕は常に映画やメディア作品制作の最終作業に押しやられてきたが、聴覚障害を持つ多くの人々にとって字幕はなくてはならないものである。制作の最後にするものとして残しておいたり、自動キャプションプログラムに頼るには、複雑過ぎる作業である。この記事では、ユーザーエクスペリエンスのプロに字幕がもたらす音声の種類と課題について説明する。

原文は英語だけになります

Zdenek, S. (2014). 単なるトランスクリプションを超えたもの: 巧みな作業としての字幕. User Experience Magazine, 14(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/more-than-mere-transcription/?lang=ja

One Response

  1. […] User Experience Magazine – The Magazine of the User Experience Professionals Association  […]