アウトレットとブラウザが必要:子どもたちはインターネットをどのように理解し、使用しているか

今日子ども達はウェブの利用者のなかで最大規模のユーザグループのひとつであり、米国では2009年に6,800万人以上のティーンエイジャーがオンラインアクセスをしている。しかし、研究はそれとは反対の結果を示している:子どもたちはインターネットが何なのか理解せず、オンラインで読んだことは何でも信じる傾向にある。子ども達が情報を検索する際には、検索エンジンで一番上の部分にリストされたリンクが最も関連性が高いものだと思って、オンライン広告やスポンサーのリンクに混乱されてしまう。この記事では、若者がウェブを利用する際に感じるフラストレーションについての見識を示すため、定性的な予備的研究から得られた結果を、他の研究者の研究結果と合わせて紹介する。

原文は英語だけになります

Kamishlian, C., Albert, B. (2011). アウトレットとブラウザが必要:子どもたちはインターネットをどのように理解し、使用しているか. User Experience Magazine, 10(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/need_outlet_and_browser/?lang=ja

Comments are closed.