災害時のソーシャルメディア:エクスペリエンスの設計

爆撃やハリケーンといった災害が発生すると、人々は互いのつながりを維持し、ネットワークを築くための手段としてソーシャルメディアを利用する。そうした利用は、主に次の三点――すなわち、ソーシャルメディア参加者としてのユーザー、参加者としての設計者、参加者としての支援者――に分類することができる。参加者としてのユーザー、我々の我々自身のシステムへの参加、そしてコミュニティを支援する主要メンバーを意識することで、より優れたシステムやエクスペリエンスを設計することができるだろう。

原文は英語だけになります

Potts, L. (2015). 災害時のソーシャルメディア:エクスペリエンスの設計. User Experience Magazine, 15(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/social-media-systems-in-times-of-disaster/?lang=ja

Comments are closed.