医療におけるユーザビリティ:「重篤」な問題

電子医療記録の多くは、広く使用されてはいるが、未だにユーザーエクスペリエンスに対する配慮に欠ける。これはユーザビリティにおけるベストプラクティスが実施されず、利用状況の決定的な違いが考慮されないためである。すなわち、ユーザーは多様であり、単純なものから高度なものまで広範にわたる作業を行うために、さまざまな段階でシステムを操作し、必ずと言っていいほど時間もしくはリソースの制約のため妥協しなければならないことを考慮していないのである。原文は英語だけになります

Marcial, L. (2014). 医療におけるユーザビリティ:「重篤」な問題. User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/usability-in-healthcare/?lang=ja