ゲーマー向けでないゲームのデザイン:デザイン方法としてのラピッドプロトタイピング

ビデオゲームは、デザインされた体験へとユーザを魅了し、他の媒体では不可能なバーチャルな世界とのインタラクションを可能にする。我々のゲームであるパスファインダー(Pathfinder)では、プレイヤーは、科学技術アカデミアの少数派グループが体験するようなバイアスの幾つかを経験する。この記事は、2人のゲームテスターの体験を比較したケーススタディを紹介し、デジタルメディアやゲームに関する以前の経験は当てにできないということを述べている。

原文は英語だけになります

Paiz-Ramirez, D., Chu, S., Salmon, A., Gutierrez, B. (2011). ゲーマー向けでないゲームのデザイン:デザイン方法としてのラピッドプロトタイピング. User Experience Magazine, 10(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/gamesfornongamers/?lang=ja

Comments are closed.