悲嘆の5段階:ユーザビリティテストのオブザーバーの場合

本記事では、クリフ・アンダーソンが、エリザベス・キューブラー=ロスが説いた「死を受容するまでの5つの段階」とユーザビリティテストを初めて経験したオブザーバーによる受容のプロセスとを比較しつつ、ユーザビリティテストを初めて目撃するチームメンバーたちの「否認」から「受容」(あるいは時には拒絶)までの進化のプロセスを説明している。

原文は英語だけになります

Anderson, C. (2018). 悲嘆の5段階:ユーザビリティテストのオブザーバーの場合. User Experience Magazine, 18(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/the-five-stages-of-grief/?lang=ja